ヤン・カワモト 監督作品
YAHN Kawamoto works
本文へジャンプ
作品リスト

映画、テレビ番組、舞台演出など企画・演出
・プロデュースで活躍中!
最近は、原発事故の福島を訪れ映像を記録し続けながら、記録映画として発表をしている。

TX「田原総一朗の遺言」、TBS「日米凶悪犯罪事件簿」、NHK「インターネット・ディベート」、CX「発掘!あるある大事典」、NTV「追跡」など多数

イメージ

【出演番組】
「上杉隆のニューズ・オプエド」 →


ドキュメンタリー短編映画
「福島 国道6号 ~世界で最も危険な国道~ Fukushima Route 6 」
■JFFLA2015ロサンゼルス映画祭 公式上映作品■
■JSFF2015セルビア映画祭 公式上映作品■
「 福島 国道6号 ~世界で最も危険な国道~ 」
”The Fukushima Route 6
=The most Dangerous Road in the world=”

<ドキュメンタリー/16分20/デジタル /カラー/ 日本>
監督:ヤン・カワモト
取材・出演:今関あきよし×ヤン・カワモト
編集:ヤン・カワモト
制作協力:今関あきよし
音楽プロデュース :加藤斉昭(NSL)
音楽:ラベル作曲「ボレロ」

映画チラシ&ポスター
映画ロゴ (ロサンゼルス 映画公開記念)
映画リーフ (JSFF2015セルビア映画祭 映画公開記念)

★あなたは 14キロ続く垣根を見た事がありますか?★
一切の隙間なく延々と続く道路脇のガードレールと金属柵。ギネスブックに掲載されても不思議ではない奇異な光景だった。
場所は福島の国道線。
それは駐停車を阻止する〘妥協手段〙。この道で停車することは自殺行為だからだ。最低でも時速40キロで通過することで「安全」だとする〘妥協手段〙。1回の被ばくを約束された、そこは世界で一番危険な国道“ルート6”。
この映画は、あえて何も語らない。チェルノブイリ事故を取材した今関あきよし監督と一緒に、放射能の状態を測りながら一度だけ“そこ”を通過した目撃記録だ。
あなたもこの映画で、まるで環境ビデオのように、ただ真っ直ぐに14.1キロを走行する世界で最も危険な地帯をノーカットで目撃することができる!
そこは福島の居住困難エリアですべての住民が強制退去させられた放射能汚染エリア。防備なく近付けないとされる福島第一原子力発電所から2キロまで接近するルート6。今現在も、不特定多数がなんの許可も防備も必要なく侵入できる不合理な〘妥協手段〙だ。
この映画は、未来への証拠フィルムです。
2015年11月16日月曜日、渋谷アップリンクにて一度だけの上映です。

短編映画「福島 国道6号 ~世界で最も危険な国道~」
〔JSFF2015日本セルビア交換映画祭 参加作品〕
〔JFF2015ロサンゼルス映画祭 参加作品〕

今関氏談
「被曝せずともあなたも世界一放射能の多い国道を体感出来る!
そんな体感映像!バーチャル被曝!」


ⓒ2015, YAHN All Rights Reserved.





[English version]
”The Fukushima Route 6 ”
[The most Dangerous Road in the world]
[Japan/color/digital/15min /2015 ]
Directed by Yahn Kawamoto

=content of this movie=
The once uncut publish radioactivity high dose pollution district ! - Which runs the Fukushima national road No. 6 " FUKUSHiMA iNCIDENT " interim =cast=
Reporter
:Akiyoshi Imazeki
Yahn Kawamoto

ⓒ2015, YAHN All Rights Reserved.

映画「兎が眠っているよ」 ’79ぴあフィルム・フェスティバル 受賞作品
映画「兎が眠っているよ」 期間限定での無料公開中 →
"I saw that a hare had been sleeping there"
監督・脚本・撮影: 河本浩志(ヤン・カワモト)
大阪芸術大学 卒業制作作品
<ドラマ / 1978年 / 16ミリ / カラー>
1978 / 16mm film / color feature
大阪に住む学生たちのココロ模様を描いた作品。
友人の一人がバイクで大阪の下宿を出た。彼が国会議事堂に衝突して
死亡したと、後日聞かされる。1970年代を生きる若者たちは自分と社会の
関係で、虚脱状態に陥る。主人公が見た”夢”とは…。

★映画界の巨匠、撮影監督・宮川一夫氏が絶賛!
★大島渚監督から「僕はこの作品を認めない」と酷評された、問題作!

1979年度ぴあFilmFestival受賞作品
サンフランシスコ映画祭参加作品

映画 チラシ

ⓒ Yahn All rights reserved.

映画「FUKUSHiMA iNCIDENT Vol.001 完全ディレクターズ・カット版」
映画「FUKUSHiMA iNCIDENT フクシマ・インシデント」
<ドキュメンタリー / カラー / 日本 / 53分>
監督:ヤン・カワモト
取材・出演:今関あきよし×ヤン・カワモト
語り:今関あきよし×ヤン・カワモト
ナレーション:ヤン・カワモト
音楽:甘茶の音楽工房

"福島へ行った。自分の資料用にチャチな小型カメラのGoProを片手に、見て測ってカメラを回した。あれから、もう三年が経とうとしていた。今更何をするのかと自問した。ボクは遅すぎた。いや、FUKUSHIMAは流行ではない。今そこにある危機、そして歴史そのものだ。何をボクはしようとしているのか?いや、もうやってるじゃないか。と、自分に言い聞かせて、目に見えない"それ"を撮ろうと、ボクは防塵カプセルに収まったGoProのスイッチを入れた。"

ⓒ2014 YAHN

映画「FUKUSHiMA iNCIDENT 第二弾!」 <予告編>
第一弾「FUKUSHiMA iNCIDENT Vol.001 完全ディレクターズ・カット版」のYouTube公開を経て、ついに第二弾を制作開始!
(※公開方法や会場、日程などは未定です)

予告編 Part 2
http://youtu.be/ZcrHgzN6LJU

"これはボクの映像作品ではない、あたなたの現実だ"

監督:ヤン・カワモト
取材:今関あきよし×ヤン・カワモト
音楽:甘茶の音楽工房

ⓒ2014 YAHN



予告編監督:今関あきよし監督作品「カリーナの林檎 ~チェルノブイリの森~
「カリーナの林檎 ~チェルノブイリの森~」 
公式!特別予告編 2分04秒
映画監督/今関あきよし
予告編 監督/ヤン・カワモト

<映画本編スタッフ>
脚本/今関あきよし・いしかわ彰  撮影/編集:三本木久城  音楽:遠藤浩二  録音:浜口文幸  助監督:龍野征一郎  制作担当:中野亜紀子  効果/整音:福島音響 
照明協力:ベラルーシフィルム  現地コーディネーター:キセーニャ/レナ 通訳:ナターシャ  現地ドライバー:アンドレイ/ワジン  字幕監修:三ツ井和子
字幕翻訳:樟山由美 日本語ナレーション:大林宣彦  配給協力:パル企画
【協力】有限会社MAXCOM/株式会社ポプラ社/ベラルーシ国立小児血液学センター/SOUND KIDS/映画製作会社ベラルーシフィルム/在ベラルーシ日本大使館
ベラルーシ国立バレエ学校/チェルノブイリ子ども基金/ミンスク整形外科外傷学研究所/かわさきFM(岡村洋一)/ミンスク市立第45学校/南條記良/ミンスク市営バス/多田正悟
プログレッシブピクチャーズ株式会社/今関主計・八重子/パナソニックデジタルネットワークサーブ株式会社/報映産業/株式会社ヨコシネディーアイエー
富士写真フィルム株式会社/ロシア語通訳協会/日本映画学校/株式会社PSC
挿入歌:『THE ONE JOY』作詞 浅田伸 作曲 浅田久美子  エンディング曲『アヴェマリア~カリーナへの祈り~』Rose in many Colors
制作:カリーナプロジェクト2011ⓒ

ⓒ Yahn All rights reserved.

予告編監督:今関あきよし監督作品「彼女は緑の光に彼を想う」
今関あきよし監督作品「彼女は緑の光に彼を想う」特報!
今関あきよし氏と共に福島を訪れたヤン・カワモトが、映画の発想から製作までを追跡した「もうひとつの『おもカノ』」を並走して製作。
その一部から「彼女は緑の光に彼を想う」本編の特報としてお送りします。

映画「彼女は緑の光に彼を想う」
2015年/日本/ステレオ/ビスタサイズ/カラー/デジタル
監督:今関あきよし

ドキュメンタリー映画、特報、予告編
監督:ヤン・カワモト
ⓒ2015 Yahn All rights reserved.

舞台上演CM:山本周五郎・作 舞台「ゆうれい貸屋
山本周五郎・作 舞台「ゆうれい貸屋」
構成/演出・壤晴彦
音楽・演奏/木村俊介
演劇倶楽部『座』ホームページ
http://www.za01.com/
ダウンロード・DVD いよいよ2012年8月1日発売!
<予告編・ステージ収録ビデオ>
監督/ヤン・カワモト

ⓒ演劇倶楽部『座』 All rights reserved.
ⓒYAHN All rights reserved.

舞台上演CM :詠み芝居「野菊の墓」 2013年6月27日~30日
詠み芝居「野菊の墓」 2013年6月27日~30日
新宿シアターサンモール
作 伊藤左千夫
構成・演出 壤晴彦

<予告編・ステージ収録ビデオ>
編集・監督 ヤン・カワモト

ⓒ演劇倶楽部『座』 All rights reserved.
配信:ⓒYAHN

・ココで紹介されている作品のすべての著作権は ヤン・カワモト 又は映画製作者に帰属します。無断転載禁止。
・映像の番組などでのご使用、上映使用、及び講演・出演依頼などのお問い合わせは へお願い致します。

honyaku.htmlへのリンク

road6.htmlへのリンク

○○の趣味:ギャラリー:作品紹介

  ⓒ2011-2015 YAHN Kawamoto